ドラッグ テスト/Drug Test (尿検体)
  Saliva(だ液)テストSaliva(だ液)ドラッグ テスト  

Rapid Drug Screening Test Device (Urine)
      各種フォーマット:Panel, Cassette, Dipstick & Cup
            
ヒト尿中の薬物類を迅速且つ正確に検出するワンステップ・ ドラッグ・スクリーニング・テスト・キットです。
テスト・キットのフォーマットは@Panel/パネル、ACassette/カセット、BDipstick/ディップスティック及び
CCup/カップがあります。

各フォーマットともシングルから同時に最大12種類の薬物濫用をスクリーニングするマルチタイプがあります。 マル
チタイプではAdulteration (不純物混入)及びAlcohol (アルコール)検査付きのキットも選択できます。
 Panel/パネル
●シングルパネル イメージ図
●マルチパネル イメージ図


●Adulteration(薬物混入)およびAlohol (アルコール)テスト付きキットのイラスト

使用方法
Step 1: 尿検体とテストホイル袋を室温(15℃〜28℃)に置く。
Step 2: テスト準備ができるまでホイルを破らないでください。
Step 3: 準備ができたらホイル袋からディバイスを取り出す。
Step 4: 保護キャップを外して検査ストリップを尿検体に10〜12秒間浸します。 この場合、検査ストリップ矢印部分まで浸し、プラスティック部分に尿が触れないようにして下さい。
Step 5: 3〜5分後に結果を判読します。

(注)結果判定は3〜5分後に必ず行ってください。 5分以上待つと不正確な結果になることがありますのでご注意ください。 このような時は混乱を防ぐためにも結果を記録してからカードを処分してください。

不純物混入(Adulteration)結果の解釈 (イラスト参照)
カラーチャートに印刷されたの色ブロックにストリップ上で反応された色ブロックを視覚的に比較することによって半定量的結果が得られます。計器は必要とされません
アルコール検査 (例:Positiveの場合)
はっきりした色がパッド全体に発展します。血中アルコール濃度が0.02%以上であることを示します。 半定性的に判定します。
ドラッグテストの結果判定
ドラッグクラス及び検出感度】 各フォーマット共通
    DRUG CLASS
AMPHETAMINE (アンフェタミン) 
BARBITURATES (バルビツール酸塩)
BENZODIAZEPINES (ベンぞゾジアゼピン)
PHENCYCLIDINE (フェンシクリジン)
PROPOXYPHENE (プロポキシフェン)
OPIATES/MORPHINE (アヘン/モルヒネ)
MARIJUANA (マリファナ)
METHADONE (メタドン)
METHAMPHETAMINE (メタンフェタミン −幻覚剤)
COCAINE/BENZOYLECGONINE (コカイン)
OXYCODONE (オキシコドン)
TRICYCLIC ANTIDRESSANT (三環系抗うつ薬)
     ABBREVIATION  
BAR
BZO
PCP
PPX
OPI/MOR
THC
MAD
mAMP
COC/BEG
OXY
TCA
AMP
  SENSITIVITY 
 55 or1000 ng/ml
  300 ng/ml
 300 ng/ml
25 ng/mi
300 ng/mll
2000 ng or 300ng/ml
50 ng/ml
300 ng/ml
1000 ng/ml
300 ng/ml
100 ng/ml
       1000 ng/ml       
 Cassette/カセット
 このドラッグテストは、ヒトの尿中の薬物類を迅速且つ定性的に検知するためのワンステップ・ラテラル・フローの免疫測定キットです。付属のスポイトで尿検体をカセットのウエルに滴下します。(尿3滴、約120μL)
●Drug 10 (10項目のCassette画像)

    AMP, MET, COC, OPI, PCP, 
    BZO, THC, PCA, MTD, BAR
●Adulteration およびAlcoholテスト付きのイメージ
 このドラッグテストは、ヒトの尿中の薬物類を迅速且つ定性的に検知するため
のワンステップ・ラテラル・フローの免疫測定キットです。付属のスポイトで尿検
体をカセットのウエルに滴下します。
                       

  
使用方法
テスト前にテスト・キット、尿検体若しくはコントロールを室温(15-30?C)に置いてください。
1. ポーチを開封しないで室温に持ってきてください。
密封されたポーチからテスト・カセットを取り出たら1時間以内に使用してください。
2. テスト・カセットを清潔な平面に置いてください。スポイトを垂直に持って、3滴の尿(およそ120の L)をテスト・カセットのサンプル・ウエル(S)へ滴下してください、そして、タイマーを始動します。この時にサンプル・ウエル(S)の中で気泡が生じることを避けてください。
上のイラスト図を参照してください。
3. 不純物混入(Adulteration)ストリップ及びアルコール・ストリップを3-5分の間で読んでください、ホイル・ポーチ上に提供されているカラーチャートと比較します。
(注:このテスト機能が備わっていないテスト・キットもあります)
なお、不純物混入(Adulteration)尿サンプルについてのガイダンスはDrug Free Policyを参照して下さい。
不純物混入テストで陽性反応が出た場合にはドラッグテスト結果を読まないか、同じサンプルを再テストするか、若しくは、他の尿サンプルを採集してテストをすることをお薦めします。
4. ドラッグテスト結果は5分後に読まれなければなりません。10分を経過した結果は解釈しないでください。
 Dipstick/ディップスティック
使用方法 PPXシングル・キットの例

テスト前にキット、尿検体やコントロールを室
温(15-30℃)に置いてください。

1. 密封されたポーチからTest Dipstickを取り
出して、できるだけ早く使用します。。

2. Dipstickを矢印の方向に垂直にして尿検体
に10-15秒間浸して下さい。
Dipstickの小片を検体に浸す時には図のよう
にMAXラインに触れさせないで下さい。
3. Dipstickを非吸収力のある平面に置いて、
タイマーを始動し色のついた行が表示される
のを待ってください。 5分後に結果を読んでく
ださい。10分後以降には結果を読まないない
でください。
 Cup/カップ

●Multi-drug cup イメージ画像
Adulteration(薬物混入)およびAlohol テスト付きキットのイラスト


使用方法
テスト前にCup、尿検体やコントロールを室温(15-30℃)に置いてください。
1. ポーチ開ける前に、室温に持ってきておいてください。
密封されたポーチからカップを取り出してたら1時間以内に使用してください。
2. ドナーは、尿検体を提供します。
3. 試験者はカップが平面に置いてある間に間にキャップを交換して確認します。
4. 尿収集の後、最高で4分間温度ラベル(Temp Label)をチェックしてください。
緑色の線は尿検体の温度を示しています。 不純物が混入されていない尿検体の適切な範囲は
32-38℃(90-10F)です。
5. 試験者はセキュリティ・シ―ルに日付とイニシャルを書いてカップのキャップ上に貼り付けます。
6. 試験者は不純物混入(Adulteration)を確認するためにラベルをはがします(適用の場合)。
7. 試験者はドラッグテスト結果を見るためにマルチドラッグテスト・カードのラベルをはがします。
8. 不純物混入(Adulteration)ストリップ及びアルコール・ストリップを3-5分の間で読んでください、ホイル・ポーチ上に提供されているカラーチャートと比較します。
(注:このテスト機能が備わっていないテスト・キットもあります)
なお、不純物混入(Adulteration)尿サンプルについてのガイダンスはDrug Free Policyを参照して下さい。
不純物混入テストで陽性反応が出た場合にはドラッグテスト結果を読まないか、同じサンプルを再テストするか、若しくは、他の尿サンプルを採集してテストをすることをお薦めします。
9. ドラッグテスト小片結果は、5分後に読みとって下さい。10分以降の結果を採用しないでください。
 Adulteration(不純物混入)Dipstick (Urine) 検査キットのご紹介
Mult-Drug Testsをご注文の際にAdulteration(不純物混入)つきキットを希望の場合はキットに含まれますが、
Adulteration単品提供にも対応しています。
ヒト尿中のCreatinine (クレアチニン)、Nitrite(亜硝酸塩)、Glutaraldehyde(グルタルアルデヒド)、pH、Specific Gravity (比重),Oxidants/Pyridinium (オキシダント/ピリジニウム) Chlorochromate (塩化クロム)の迅速半定量検出キットです。

ご希望により詳しい説明書をPDFで
ご提供します。 下のメールアドレスから
リクエストしてください。

包装形態: 25T/BOX 

プラスチックDipsticksの各々は、6つの化学的に処理された試薬パッドを
含みます。尿検体により試薬パッドが起動の1分後にパッドに現れる色は、
容器上に印刷されたカラーチャートと比較されることができます。
色比較はヒトの尿中におけるCreatinine、Nitrite、Glutaraldehyde、pH、
Specific Gravity、OxidantsとPyridinium Chlorochromateの半定量スクリーン
をお提供します。そして、それは尿検体の完全性を評価する助けになります。

Saliva(だ液)テストSaliva(だ液)ドラッグテスト

お問合せ先:
有限会社テクニコン インターナショナル
Tel: 03-5834-1788 Fax: 03-5834-1789 Mailto: support@technicon.jp